FC2ブログ

プロフィール

プニ海月

Author:プニ海月

自画像
このブログを描いてる人。
ぶたもちのお母ちゃん。
…いや、召使い?
猫達を本気で怒れないダメなバカ親
オタクという噂。


ぶーた顔
黒猫ぶーた 12歳(推定)
2008年1月お迎え 元野良
のんびりまったりな男の子。
お客さん嫌い、ご飯大好き。
「ご飯」という言葉に過剰反応。
2018年2月11日
お空に旅立ちました。


もち顔
白猫もち 9歳
2008年12月お迎え
毎日大暴れなおてんば女の子。
ぶーたを追い掛け回す毎日。
ダンボール大好き。
「おかか」という言葉に過剰反応。



お父ちゃん顔
お父ちゃん
プニ海月の旦那サマ。
時々登場するが、
出ても足や手だけ。

★ メールアドレス ★
butamochi☆munjeri.sakura.ne.jp
☆を@に変えて下さい


ぶたもちツイッター


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


2月11日夕方6時半頃、ぶーた君はお空に旅立って行きました。
13日に葬儀を済ませ、今はお骨となってお家で眠っています。
ブログにてお知らせするのが遅くなってすみませんでした。



ぶーたは2015年末にガンだと分かりました。病名は鼻腔腺ガンだそうです。
最初はくしゃみ・鼻水から始まり、鼻炎かな?と思っていたのですが
鼻血を出し始めた辺りでこれはちょっと変だなと検査センターに行き、MRIで見てもらいました。
すると腫瘍が見つかり、細胞診の結果やはりガンでした。
猫の鼻は小さいので手術で取ることもできないようで、
センターの先生にはあと一か月程で亡くなってしまうかも…と言われました。

でもぶーたはそこから2年と少し、頑張ってくれました。
去年は何度かもうダメかな?と思う時もありましたが盛り返してご飯をモリモリ食べてくれたり
お家の中を散歩したり、へそ天で寝ていたり。
その度に「ぶーた君凄いね、頑張ってるね」と話していました。
獣医さんにも「ぶーた君の持つ生命の幹はとても太い、普通だったらもう亡くなってても不思議ではないです」
と褒められて?いました。
今回もご飯を食べなくなったのでまたこの時が来たね、今度も盛り返してくれるといいねと思っていたのですが…。

そうなった時は毎回お父ちゃんがお口を開けてご飯を食べさせていたのですが、
今回はもういらないとばかりにガッチリをお口を閉じてご飯も薬も頑なに受け付けてくれませんでした。
お水はかろうじて飲んでくれてましたが、ご飯は何度チャレンジしてもダメでした。
これがきっと、ぶーたが決めた最期なのだと、二人で話し合ってもう無理強いはやめようと見守る事にしました。



ご飯、お水を取らなくなって2日目辺りで立ち上がるのがやっとでトイレにも行けない状態になったので
オムツを使う事になり、3日目は寝たきりの意識も朦朧とした感じになり、その夕方に亡くなりました。
最期はほんの少しだけ苦しみましたが、心臓の鼓動がゆっくりになりそのままスーっと命が終わりました。
「お父さんお母さんここにいるよ、ありがとう、楽しかったよ、幸せだったよ、大好きだよ」
と身体を撫でて話しかけ続けていましたが
死の瞬間はやっぱり号泣してしまいました。
私の大きな泣き声でもしかしたらぶーたを不安にさせてしまったかも知れません…

お葬式の日まで、涼しい寝室の私達のベッドの上に居てもらいました。
何度も見に行き、話し掛けブラシで毛をとかし、夜は一緒に寝ました。
お葬式でもボロボロ泣いてしまい、家に帰ってきても何かあるごとに涙が零れて来て。
もっとしっかりしないとダメですよね。情けないお母ちゃんです…。



ぶーたを見にブログに遊びに来てくれた方、家に遊びに来てぶーたを撫でてくれた方
ぶーたに関わってくれた皆様、本当にありがとうございました!
元々は野良ちゃんで、家に来るまで動物病院のケージの中にいました。
初めて飼う猫だったので色々失敗もあったかもしれません。
でも、家にきて幸せだったなぁと思っていてくれたらいいなぁ…。




★ぶーた君、とっても強かったね!
自分で命の終わりを決めたから、ガンに負けたんじゃないよね。
顔もかなり変形してきてしまっていたけど、かっこよかったよ。
最後の方は目も見えてなかっただろうに、ヨロヨロとした足でお風呂場とか
私達のベッドの上とか楽しい思い出があった場所に行くようになってたね。
甘えん坊で優しくて強いぶーた君、大好きだよ。
まだまだ思い出してはグズグズ泣いてしまうけど、許してね。
お父ちゃんとお母ちゃんともちを見守っててくださいね。
いつかまた会いたいなぁ~。












スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

ぶーたくん、ガンだったんだね( ;∀;)
辛かっただろうけど、最後までお父さん
お母さんの傍にいられて、ホントに幸せだったと思う!(ToT)
病状が分かってから2年も、お母さん達の傍にいてくれて、凄くいい子だね!
お父さん、お母さん、もちちゃんをずっと見守ってくれますね。
ぶーたくん、うちにいたももって子(犬だけど)が一緒に遊んでくれるよ!
お父さん、お母さん、お疲れ様でした!
無理しないでね!

はっぴ~サマ>いらっしゃいませです。
そうだったのですよ~。でもブログに書くの、なんかためらってしまって(T-T)はっぴ~さんにはお世話になっていたのにごめんなさい…。
最期の最後まで、ずっとぶーたの側にいられたので寂しい思いはさせてないかな~とは思っています(そう思いたい…)私たちも直らない病気だっていうのを常に頭に置いていたのでゆっくりと覚悟を決めてお別れをすることが出来ました。
はっぴ~さん家のももちゃんと遊んでくれてるといいなぁ~(*´∀`*)
ももちゃん、家のぶーたをよろしくお願いします~♪

ホントにみなニャン、お疲れ様でした!(*´ω`*)
今は、辛いけど必ずステキな楽しかった思い出話し
出来る時が来るから、それまでは
泣きたい時は思いっきり泣いていいんですよ!
無理しないでゆっくり過ごして下さいね!
ぶーたくん、お父さんお母さんもちちゃんの事、
大好きだもん‼

はっぴ~サマ>ありがとうございます(T-T)
最近はボロボロ泣くことは無くなってきました。
たまに思い出してウルウルしてしまう時もありますが…(*ノノ)
介護は大変でしたがやっぱり最後まで側で看れたのは良かったなぁと思いました(*゚▽゚)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |